ネット松陰塾は、小中学5教科が全て学び放題のオンライン学習指導サービス。

小学校1年生の成績アップ術

  • HOME »
  • 小学校1年生の成績アップ術

小学1年生|学習のポイント

小学校に入学すると、子どもにとっては何もかもが初めてです。授業を受けることだけでなく、ランドセルを背負って通学すること・給食を食べること・帰ってきてから宿題をすることなど、新しい体験に順応するには時間もかかることでしょう。

小学校に通うようになれば、先生が勉強を見てくれるので自動的に勉強の習慣が身に付くのでしょうか?

いいえ。そうではありません。自立学習(アクティブラーニング)の習慣付けは、家庭から始まります。本を読むこと・鉛筆を握って文字を書くこと・数字に親しむこと。これらが、中学校・高校・大学へと進学しても役立つ「学習の基礎」となります。

押さえておくべき大事なポイントを覚えた上で勉強するよう援助していくことができれば、その後の学習にも好ましい影響が及ぶこと間違いなしです。

ポイントは「読み・書き・計算」の基本を、自分のものにできるかどうかです。つまり、算数では「数え方」や「たし算・ひき算」をマスターすることを目標にします。国語では「正しい文法の基礎」と「漢字の読みと書き取り」の定着に注力します。

主なポイントをまとめましたので、ぜひ参考になさってください。

勉強の習慣付けの「1年生」で大事なポイント

  • 鉛筆を正しくもって、正しい姿勢で字が書ける。
  • ひらがな・カタカナの清音が読めて書ける。
  • 配当漢字(80字)が読め、8割以上の漢字が書ける。
  • 助詞「てにをは」を使い分けて文章が書ける。
  • 100までの数を数えたり、表したりできる。
  • 一ケタのたし算やひき算が正確にできる。

集中力、落ち着き、勉強に対する違和感のチェック

小学1年生の学習内容はカンタンなものですが、幼児期からの家庭学習が足りなければ理解するのに時間がかかる場合があります。また、家庭学習の習慣付けがなされていない場合、授業における集中力/落ち着きが欠如してくることがあります。

最初は少しずつのことでも、だんだん授業がわからなくなり、次第に勉強に対して違和感(嫌悪感)を持つようになってきます。1年生のうちは、まずは楽しく勉強に取り組めるように習慣付け、勉強が続くような「声かけ」が欠かせません。

WEBショウインでは、定期的にノートや学習状況をチェックし、1年生に求められる項目を確実にクリアしながら、先取り学習ができる子にはどんどん先へ進ませ、勉強に対する自信を育みます。

受験対策の第一歩である「自ら学ぶ姿勢」と「勉強に対する自信」とは、すでに小学校1年生からトレーニングが始まっているのです。

無料体験お申込みはこちら
ご入会お申込みはこちら

PAGETOP
Copyright © 株式会社ショウイン All Rights Reserved.