お子様が勉強習慣を身に付けるためには、
保護者様がお子様の立場になって、
親子で勉強に向き合う必要があります。

そして、常日頃からお子様のモチベーション
が高まるような言動を心掛ける必要があります。

モチベーションを高めると言っても、
決して勉強内容を直接教え込まないようにします。
この段階で接し方を間違えると親への甘え、
教え方が悪いから成績が悪いという「親依存」の
考え方が悪影響を及ぼすことがあります。

子どもの目線で信頼関係を築けたら、
その次は「自立学習へ向けた」教育です。

親もわからないことを、子ども自身が調べ、その内容を
親に話す、伝える、教えるというプロセスが重要になります。
※この過程は、知識の定着を促進する「アプトプット学習」と言います。

自分の行動で成績が上がれば、勉強が楽しくなり、
子供の成績はどんどん上がります。
今の時代なら、繰り返し学習ができて、弱点箇所が蓄積される
ネット学習が便利ですので、まだ体験をしていない方は
ショウインの無料体験をお試しください。

自立学習こそ、本物教育。
家庭で自立学習力を養うには、立ち上がりに苦労がありますが、
徐々に手のかからない教育として実感いただけるようになります。

[ WEBショウインの無料体験はこちら ]